救命処置

救命処置【ガイドライン2010対応】


救命処置の流れ(心肺蘇生とAEDの使用)


傷病者を発見したら

「周囲の状況の確認」をして傷病者のところに行く。
自分が事故等に合わないようにする事が大事です。
(二次災害の防止)

【周囲の状況良し】


大出血・反応(意識)の確認

大出血がないか、(大出血があれば止血をする)確認してから
傷病者の耳元で「大丈夫ですか」など徐々に大きく呼びかけながら肩を軽く叩いて反応があるか確認する。(3回)
呼びかけなどに対して目を開ける、返答、目的のある動きなどなければ「反応なし」と判断します。
痙攣のような全身がひきつるような動きは「反応なし」と判断します。


助けを呼ぶ

反応が無ければ「誰か来てください!人が倒れています!」と大きな声で助けを呼びます。
協力者が来たら「あなた119番へ通報して下さい」「あなたAEDを持って来て下さい」と指定して依頼をします。


呼吸の確認

傷病者が「普段どおりの呼吸」をしているか、確認します。
傷病者のそばに座り、10秒以内で胸や腹部の上がり下がりを見て普段どおりの呼吸をしているか判断します。
【普段どおりの呼吸なし】の判断は
胸・腹部の動きがない場合 しゃくりあげるような、途切れ途切れに起きる呼吸がみられる場合(心肺停止が起こった直後には、呼吸に伴う胸や腹部の動きが普段どおりでない場合や、しゃくりあげるような途切れ途切れに起きる呼吸がみられることがあります。この呼吸を「死戦期呼吸」といいます。「死戦期呼吸」は「普段どおり」の呼吸ではありません。)


胸骨圧迫 「強く、早く、絶え間なく」

傷病者に普段どおりの呼吸がないと判断したら、ただちに胸骨圧迫を開始し、全身に血液を送ります。心肺停止(CPA)状態」
胸の真ん中に組んだ手を置き肘をまっすぐに伸ばして手の付け根部分に体重をかけ、胸を5センチ沈むほど強く圧迫します。
1分間に100回の速いテンポで30回連続して絶え間なく圧迫します。
小児に対しては、両手または片手で、胸の厚さの約1/3が沈むほど強く圧迫します。


人工呼吸(口対口人工呼吸)

30回の胸骨圧迫終了後、口対口人工呼吸により息を吹き込みます。

★気道確保★
傷病者の喉の奥を広げて空気を肺に通しやすくします。
片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先(骨のある硬い部分)に当てて、頭を後ろにのけぞらせ(頭部後屈)、あご先を上げます(あご先拳上)。

★人工呼吸★
気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で鼻をつまみます。
口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息を1秒かけてふきこみ、胸が持ち上がるのを確認します。
感染防止の為、感染防護具やハンカチ、タオル、ガーゼ等を持っていると役立ちます。
傷病者の顔や口から出血等している場合や口と口を直接接触させて人工呼吸を行うことがためらわれる場合には、人工呼吸を省略し、胸骨圧迫のみを続けます。


心肺蘇生CPR(胸骨圧迫と人工呼吸)
胸骨圧迫30回連続して行った後に、人工呼吸を2回行います。
(30 : 2)サイクル


AED


心肺蘇生CPRを行っている途中で、AEDが届いたらすぐにAEDを使います。
AEDを傷病者の横に置きます。ケースから本体を出して電源ボタンを押して後は、音声メッセージにしたがってパッドを胸に張ります。
機種によっては手順が違う場合がありますが、AEDに従って操作して下さい。落ち着いて操作することが大事です。

当協会では(電気ショックの)通電前には(AEDが離れて下さいと言ったら)
「私よし、貴方よし、周りの人よし」と確認して通電する。と、指導しています。