協  会
当協会は「応急手当市民サポーター」の集まり

応急手当普及員とは
 概要

一般に救命講習医師救急隊員が指導するが、消防職員は本来業務(消防・
救急など)に従事する必要があるため、救命講習の普及に十分な時間・回数を費
やすことが容易ではない。10万都市の消防本部であれば月に1〜2回の開講が限
界であり、常時開催となれば防災協会など専門の機関を設置し専従の講師を置く
必要が生じる。通報から救急車の現場到着まで全国平均7.5分かかり、心肺停止
の場合は救急車到着まで何ら処置を施さなければ蘇生の可能性がほとんどなくな
るため、救命手当の普及は救急分野において最重要課題とされている。そこで、一
般の人に対して救命法を指導するために必要な技能と知識を有する者として設置さ
れた資格が「応急手当普及員」である。なるには、消防本部が主催する24H講習を
受講後、筆記・実技試験合格の要件がある。



当協会と消防署の関係


 上記の概要から、当協会は消防業務の中で応急手当等
の普及啓発部分に関して少しでもお手伝いが出来たらと
言う思いで設立しました。


 当協会は消防署の指導監督下で運営する団体では無
く、あくまでも1つの市民(NPO)団体ですが、互いに協力
体制は取って行くものである。


 事業に関して、互いに干渉しないが、互いに協力要請を
すればその限りでは無く、密に連絡・打ち合わせ等を行
い、取決めに関しては決して無断で変更等するものでは
無いものである。


 当協会は消防署を私利私欲の為に利用しようという考
えは無く、あくまでも応急手当普及啓発活動を協力して行
う市民(NPO)ボランティア団体である。


当協会が企画開催する救命講習会には消防署の指導
監督下で開催するものもあり、その受講者には講習終了
後消防本部消防長名の終了書が発行されるものもありま
す。